« 聖母の薔薇 | トップページ | 白いシャクヤクの花 »

2017年5月15日 (月)

再び立花山へ

昨日は好天に恵まれ登山日和となりました。立花山の大クスを見損なった前回の登山から一週間余り、残念さと悔しさが残っていました。今回は福工大前駅から歩き始め立花口からのコースを選びました。標高367.1メートルと言えばそんなに高い山ではありませんが、勾配の厳しさなどを考えると中々登りがいのある山です。
 
P1060163
 
この季節の新緑はまさに「山笑う」の形容がぴったりです。屏風岩から左にコースを取りクスノキ原生林へ。
 
P1060162
 
この大クスを見た瞬間、「おおっ」と思わず声が出ました。途中幾本もクスの巨木があり、大きさには慣れていましたが、さすがに樹齢推定300歳と言われる大クスを目の前にすると圧巻です。樹木の周囲はロープが張っていて近づけないようになっています。すぐにスマートホンで写真を撮影して、鹿児島の甥っ子に画像を送りました。
立花山の山頂は、登山者で混雑していました。登山道も譲り合いで登ったり下ったり。お昼は前回同様に三日月山で取りました。コンビニおむすび2個とメロンパンを食べました。食後に黄色い蝶がアザミの花にとまっているのを発見しました。
 
P1060159
 
二羽の蝶がたわむれながら花の蜜を吸っていました。近くにいた登山者がキイロアゲハと言っていました。
 
P1060160
 
下山は三日月山からはちまきルートで屏風岩に戻り、立花口に下りました。登山道の脇には自然の草花たちも花を咲かせていて目を楽しませてくれます。野イチゴも目に留まりました。
 
P1060166
 
途中、石垣跡も寄り道して見ました。昔お城があった名残でしょう。険しい山城は難航不落の要塞だったことを想像させられます。
 
P1060165
 
駅から50分ほどの徒歩がアスファルトの上を歩くので、これが少し体力を消耗しますし車の排気ガスがストレスになりました。しかし、立花山は自然豊かで、いい山だと思います。またふらっと登りに行きたいと思うことでしょう。運動不足解消とストレス解消ができたようです。

« 聖母の薔薇 | トップページ | 白いシャクヤクの花 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

立花山の大クス見ることができて良かったですね。あの山には巨木がたくさんあるけれどやっぱり
樹齢300年の大クスには私も感動しました。蝶々綺麗に撮れてますね~。私もまた山に登りたく
なってきました!

ペネロペさん、こんにちは。
ひと月の内に二度も登るなんて思ってもみませんでした。自然の中に入ると癒されますね。特に大クスには不思議な力が漂っているようでした。立花山、三日月山は日帰りの登山として楽しめますね!近隣の山をいろんなコースで登る面白さを知りました。これからの季節、熱中症に注意して山登りを楽しみましょう!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 再び立花山へ:

« 聖母の薔薇 | トップページ | 白いシャクヤクの花 »